株式会社新潟クリーンエイド-

〒950-2031 新潟県新潟市西区流通センター4丁目3−7
025-269-1501

衛生管理トータルサポート

現場、現状調査

まずは現場の事前調査確認から。
厨房(加工施設)及び、館内全体の洗浄・除菌におけるオペレーションがどのように行われているかの状況を確認すると同時に、抱えている課題などのヒアリングを行います。
また日々行われている洗浄除菌作業が、正しくできているかの検証をATP検査にて合わせて行います。

ATP検査とは?

ATP検査とは日々行われている洗浄・清掃などの作業が、確実に行われているかを測定するものです。
ATP値は厚労省にて目標値を定めており、数値が高ければその洗浄作業は不完全となります。
正しい洗浄ができているかを検証する機器であり、数値化することによる衛生管理意識を向上を目的とした測定器となります。

ATP、AMPとは
ATPは、Adenosine triphosphate (アデノシン三リン酸)、AMPは、Adenosine monophosphate (アデノシンーリン酸)の略語です。
地球上の全ての生物のエネルギー源として荏在する化学物質です。ATP、AMPは、生命活動がおこなわれている所には、必ず荏在します。例えば、 ATP、AMPは、微生物・体液・食物残渣等のよごれに存在します。
つまり、「そこにATP、AMPが存在する」ということは、「そこに生物、あるいは生物の痕跡が存在する」証拠となります。
ATP+AMP測定の原理
この測定は、ホタル腹部の発光器の中で起きている酵素反応を利用しています。
ATPは、ルシフェリンと酸素の存在下で、ルシフエラーゼ(酵素)を反応させることによりAMPに変化します。
その際、光エネルギーが放出されます。
この酵素反応は、生物発光と呼ばれています。
その、発光量を測定することによりATPの量を知ることができます。
また、当社独自のシステムによりAMPは、ATPに変換され、測定されるので高い発光量を得る事が出来ます。
食中毒事故の原因の大部分は洗浄不足による二次汚染です。
この検査はその洗浄不足による食中毒発生を未然に防ぐための検査です。

ATP検査内容

  • ・まな板、包丁などの調理器具の洗浄状態
  • ・設備環境の洗浄状態
  • ・食器などの洗浄状態
  • ・トイレなどの感染リスクの高い箇所の洗浄状態

  • 衛生状況調査シートイメージ

ページの先頭へ